歯医者で治療を受ける大切さ|歯の健康を守る

ウーマン

歯並びを改善する

歯科

以前に比べて矯正歯科で矯正治療を受ける人が増えてきました。成人してから矯正を始める人もいますが、神戸では子供の頃から始める人が増えています。悩みは人それぞれ異なりますが、歯並びに悩み自信が持てない人もいます。子供の頃に歯並びを整えることはとても重要なことだと言えるでしょう。

人間は永久歯が生える前は入歯が生えてきます。個人差はありますが、6歳~小学校低学年の頃に乳歯は抜けていきます。その後に永久歯が生えてくるのです。そのため、神戸の矯正歯科で子供が矯正を受ける場合は、「一期治療」と「二期治療」に分かれてきます。一期治療は乳歯の頃に行うものとなり、永久歯がキレイに生えるように環境を整えることができます。ほとんどの器具は取り外しが可能となっており、二期治療をせずに済むケースもあります。
二期治療は永久歯が揃った状態で行うものになります。幼少期の頃は顎の骨がしっかりしていないので、処置できない部分もありますが、永久歯が揃う頃には顎の状態はしっかりしているので、本格的な治療に取り掛かることができるのです。また、神戸の矯正歯科では取り外しができる器具以外にも、ブラケットなどの固定器具などがあります。

神戸にある矯正歯科で治療を受ける場合は、しっかりカウンセリングを受けるようにしましょう。子供にとっては難しい説明となるので、両親に説明をすることになります。その際に心配なことがあれば質問するようにしましょう。不安を解消することで、安心して子供に矯正治療を受けさせてあげることができるでしょう。